健康食品でコレステロール値を下げる|楽々改善マジック

ダイエットが重要だが

ドラッグ

大豆イソフラボンがいい

女性は更年期を迎えるまでコレステロール値が上がりにくいと言われています。エストロゲンが悪玉コレステロールを取り込んでくれるからです。しかし、閉経後はエストロゲンが分泌されなくなるわけですから、コレステロール値が上がる可能性が高まります。不規則な食生活、さらには運動不足が習慣になっている場合、閉経後にいきなり脂質異常症になることもあります。これを知っておかないといけません。閉経後の女性が積極的に摂るべき栄養素は、大豆イソフラボンです。女性ホルモンの減少の影響を緩和してくれます。最近は、大豆イソフラボンを含む健康食品も数多く販売されるようになりました。主食にするのはいけませんが、補助的に活用するのなら良いでしょう。

炭水化物は抜くな

コレステロール値を下げるためには、ダイエットをすることが基本になります。しかし、無理なダイエットをする人が少なくありません。とくに、炭水化物を抜く人が多いです。確かに、炭水化物を抜くと早く痩せます。しかし、腹持ちが悪くなるので間食をしてしまうでしょう。結局、ダイエットに失敗してしまうわけです。ダイエットには工夫をしなくてはいけません。まず、間食をしなければ炭水化物を摂取しても大丈夫と言うことを頭に入れておきましょう。また、誘惑に負けて甘いものを食べてしまったら、その日の主食の量をいつもの6割程度に減らすことです。さらに、どうしても食事が作れないときは、サプリメントなどを摂取するのもアリでしょう。