健康食品でコレステロール値を下げる|楽々改善マジック

何を食べるべきか

医療薬

肉より魚

食事の内容をヘルシーなものに変えれば、コレステロール値を下げることができるでしょう。肉は脂質を多く含むので、量を減らすことが重要です。また、食べる場合は脂身の多いサーロインやロースなどは避けましょう。ヒレやモモは脂身が少ないと言うことを知っておくことです。やはり、高コレステロール値の人は、魚を食べる量を増やすことがポイントになります。魚にはDHAとEPAが含まれており、これらの栄養素には善玉コレステロールを増加させるパワーがあります。また、健康食品の知識も身につけておくべきです。きちんと食事を作ることが大切ですが、忙しくてそれができないときもあります。そんなときは、健康食品を上手に活用しましょう。

コレステロール値が高い人は、料理に使う油にも一工夫することです。バターやラード、植物性のパーム油などは、できる限り避けましょう。では、どう言う油を使えばいいのでしょうか。ゴマ油やオリーブオイルがベストです。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らすだけでなく、善玉コレステロールを増やす力もあります。ゴマ油に含まれるリノール酸は、コレステロールを下げてくれるので、かなり重宝するでしょう。また、最近はナットウキナーゼやキトサンにも注目が集まってきました。これらはサプリメントで摂取することが多いです。サプリメントを利用することも考えておいた方がいいでしょう。精神的に楽になります。